筋肉をつけたいひと必見!効率的な方法を伝授します

カッコいい筋肉を効率的につけるために

筋肉とは何だろう?

筋肉を発達させるトレーニングを行う前に、まず筋肉とは何かを知っておくことが必要です。
トレーニングにはリスクもありますから、このような基本知識を認識しおくことはトレーニングを続ける際に必ず役にたちます。

筋肉とは人間などの動物の組織で、動物の運動は筋肉によって行われるもので、この組織の収縮伸張により力を発生させる運動器官です。
この筋肉は筋細胞が束になった筋繊維からできています。

筋肉には、「骨格筋」「内蔵筋」がありますがいわゆる筋肉をつけるという意味での筋力トレーニングの対象となる筋肉は「骨格筋」と呼ばれるものです。
また鍛えるべき筋肉として代表的なものでは「大胸筋」「三角筋」「上腕二頭金」などさまざまなものがあり、これらの部位によってもトレーニングの方法が異なってきます。

筋肉を発達させるメカニズム

筋肉はトレーニングすることによってその体積を増加することができます。
筋肉はトレーニングなどの刺激を受けると、一部の筋繊維がダメージを受け破断されます。
しかしこのようなダメージを受けた後、筋肉を休養させ栄養を与えるとダメージを受けた筋肉は以前世に太くなって修復されます。このことにより筋肉が大きくなるのです。

このような筋肉の回復を「超回復」といい、これを繰り返すことにより筋肉事態が大きくなり筋力が大きくアップすることに繋がります。

この筋肥大は成長ホルモンが大きく影響します。
高い強度の運動では血中の成長ホルモン濃度が通常の200倍も増加しますが、これを繰り返すことにより、筋肉の肥大へと繋がるのです。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ